糖尿病の特徴と怖い合併症について

この病気の症状の厄介なところは気づきにくいところなんです。はじめは血糖値が多少高いくらいですが、病状がかなり進んできた時点でやっといろいろな症状が出始めます。それは頻尿になったり、のどが異常に渇く、傷が治りにくい、身体がだるい、疲れがとれない、食べているのに痩せていく、等です。これといった自覚症状がないのが特徴です。だからといって血糖値が高いままでいると、全身の様々な臓器に影響が出てきます。この病気の怖さはこの合併症が出やすいことにあります。得に三大合併症と言われるもの。・網膜症・腎症・神経障害網膜症は、成人の視力障害の原因の中で第1位を占めています。この症状が進行すると、視力が低下し更には失明する恐れも出てきます。また、腎症は人工透析になる病気の第2位となっています。腎臓は身体の中に入った老廃物を除去してくれる働きがありますが高血糖によりこの機能が働かなくなります。初期はタンパク尿が出るだけですが、病状が進んでいくと体内に毒素が溜まり、透析を受けなければ生きていけなくなってしまいます。以前よりも技術も格段に進歩しましたが、体内の血液を全て外に出して浄化する治療は体にダメージを与えます。神経障害は、感覚が麻痺したり、しびれや痛み、発汗異常、インポテンツを引き起きします。そして高血糖により動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞になりやすい状態になります。また高血糖が続くと足の血管の閉塞や壊疽が起こり、足の切断に至ることもあるんです。糖尿病とは血液中の糖分が異常に高い状態のことです。原因としては多種多様ですが、大きく2つに分かれます。1型これは小児および若年層に多いものです。すい臓で作られるインシュリンが細胞の破壊により全く作られなくなります。ですので、インシュリン注射が欠かせなくなります。ウイルス感染などで引き起こされます。2型これは、生活習慣が発端の場合が多いようです。普段から暴飲暴食したり運動不足だったり過剰なストレスが原因だったりします食事と運動、治療にはこの二つが大切です。食事にはカロリー計算が不可欠です。1日に成人男性では1400?1800キロカロリー(kcal)、女性では1200?1600キロカロリー(kcal)というのが一般的ですが、医師の指示に従って調整しましょう。最初はなかなか大変ですが、1単位で覚えると慣れてきたら外食でも計算出来るようになりますよ。大変ですが、ここが健康のポイント。しっかり行ってい病気が進行しないよう心がけましょう。おすすめサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です